債権管理が重要な理由とシステム化のメリット


債権管理の課題を解決する、導入企業数No.1の「V-ONEクラウド」が1分でわかる!

資料をダウンロードする


債権管理とは?

日本の企業間取引では、商品やサービスを提供した時点で代金を受領することはほとんどありません。多くの場合、請求書を渡し、「売掛金」や「未収入金」という債権として会計処理をした上で入金を待つという手順を踏むのが一般的です。

ここで必要になる業務が、「債権管理」です。債権管理の目的は、売上に見合った代金が適切に支払われているかを管理することであり、入金を確認できなければ取引先に督促を行わなくてはなりません。この自社の請求情報と顧客からの入金情報を照合する作業を「入金消込」といいます。

債権管理のよくある課題

上記のように、企業にとって非常に重要な債権管理ですが、間違いが許されないため、経理担当者にとってはプレッシャーが大きく、確認のための作業量も膨大です。

入金消込・債権管理を自動化してもっとラクに

 

 

債権管理の課題解決に役立つシステム化

これまで説明した債権管理の手法が抱える問題点は、「システム化」により業務を自動化することで解決することができます。

債権管理に特化したシステム「V-ONEクラウド」

ただし、どのようなシステムを導入するのかについては、やはり慎重に検討する必要があります。システムによっては、消込の精度が低いものや、現在の債権状況を素早く確認できないものもあり、期待していたほどの導入効果が得られない恐れがあります。そこで債権管理システムとしておすすめしたいのが、「V-ONEクラウド」です。

 yoko_japanese_201910



・債権管理システム「V-ONEクラウド」の特徴

v-one-cloud-img01

V-ONEクラウド」は、入金消込・債権管理業務に特化し、低価格で課題を解決。月末に集中しがちな業務を効率化し、工数削減・早期に正しい月次決算が可能になります。

 

・入金消込業務をラクにする「V-ONEクラウド」の機能

独自の機械学習機能により、異なる名義での振込やおまとめ入金、振込手数料までも学習することで高い照合率を実現します。また、入金データは金融機関に接続して自動で取得が可能。日々の入金確認の手間を削減します。

さらに、残高年齢表(エイジングリスト)や滞留一覧表をワンボタンで出力することも可能です。回収状況や滞留状況を営業部門にメール/チャット通知することで、全社的な債権回収意識の向上にも寄与します。

 

・導入企業数No.1!社員数名~大企業まで500社以上で導入!

業種・業態・規模を問わず、多くの優良企業が「V-ONEクラウド」で業務効率化に成功しています。

bnr_case