入金管理をシステム化するメリット

\入金管理の課題を解決する、導入企業数No.1の「V-ONEクラウド」が1分でわかる!/

資料をダウンロードする


入金管理とは?

企業の銀行口座には、さまざまな入出金があります。その中でも、特に経理担当者を悩ませているのが入金管理です。本ページでいう入金管理とは、得意先との間で発生した債権に対し、入金が適切にされているか確かめ、管理することを指します。

資金繰りを健全に保つことは企業経営においてとても重要です。現在キャッシュがどれほどあるのか、またどれほど投資できるのかを判断するため、入金管理は適切に行わなければなりません。ただ、ひと口に入金管理といっても、業種や業態よって多様なパターンがあるため、どうしても煩雑になりがちです。


入金管理のよくある課題

これまで述べてきました入金管理ですが、資金繰りにおいて重要であるということ、入金手段が多様であるということがお分かりいただけましたでしょうか。この特徴から、実際にはどのような課題が予測されるでしょうか。

入金管理を自動化してもっとラクに

 

 

入金管理の課題解決に役立つシステム化

企業経営において重要な判断を下すために必要な入金管理ですが、多くの企業においては特定の経理担当者が一手に担うケースが多いと考えられます。重要かつミスの許されないプレッシャーのかかる業務なので、システムにより効率化できるのであれば検討すべきです。

入金管理に特化したシステム「V-ONEクラウド」

これまで解説したような属人化の解消や業務の効率化を図れるシステム、それが「V-ONEクラウド」です。

 yoko_japanese_201910



・入金管理システム「V-ONEクラウド」
の特徴

 

v-one-cloud-img01

 

V-ONEクラウド」は、入金消込・債権管理業務に特化し、低価格で課題を解決。月末に集中しがちな業務を効率化し、工数削減・早期に正しい月次決算が可能になります。

 

・入金管理の効率化を実現する「V-ONEクラウド」の機能

独自の機械学習機能により、異なる名義での振込やおまとめ入金、振込手数料までも学習することで高い照合率を実現します。また、入金データは金融機関に接続して自動で取得が可能。日々の入金確認の手間を削減します。

さらに、残高年齢表(エイジングリスト)や滞留一覧表をワンボタンで出力することも可能です。回収状況や滞留状況を営業部門にメール/チャット通知することで、全社的な債権回収意識の向上にも寄与します。

 

・導入企業数No.1!社員数名~大企業まで500社以上で導入!

業種・業態・規模を問わず、多くの優良企業が「V-ONEクラウド」で業務効率化に成功しています。
block01_fig01